2023/02/02

 東京府北多摩郡立川村全図之南半部

東京府北多摩郡立川村全図之南半部


2月4日と2月16日のイベントを控えて確認と準備作業を行いました。

Yoさんが立川図書館で「東京府北多摩郡立川村全図之南半部」という(府立第貳中学があり南武線が無いので百年ほど前?の)地図を発見したので、現在の航空写真に重ね合わせて見ました。
矢川はこれまでの推測通り立川高校の南東端が起点ですが、
緑地では本流が途切れて、弁財天の池からも流れ出ていて、湿地は拡がった氾濫原なのか?水路を張り巡らせているのか?想像が膨らみます。

ドジョウを見つけました。
「幼体で、頭から胸側面の曲がり方、尾部とひげ数も未発達等等。体表面の斑点は、場所により違うかも。これから現段階で形態的に、識別するのは困難です。もう少し成長するのを待ちたいと思います。」(Hさん)


矢川最上流部は枯れてます


アオジ

ギシギシ、フキ、クレソン


カシラダカ


M、Y、Yo、Ya、D、N、H、F

2023/01/19

1℃寒いです 

始まりは1℃、そのあと陽がでて暖かくなりました

3月までに緑地周囲の住宅や道路から5mの樹木は伐採するとのことで、実地を歩きながらどの木を切って(黄色テープ)どの木を残す(ピンクテープ)か確認しました



コサギにカメラを向けたら、逃げて電線に止まって、こちらを睨んでいます



思いに耽るアオサギ



矢川の水は殆ど消えかけ、カルガモは泳ぐでなく歩いております



矢川源流部は水涸れ


矢川の中にフキが拡がってきました



シジュウカラが睨んでます



冬鳥とても少ない、アオジ、シロハラの声は聞こえます

M、Y、S、Ya、D、N、H、T、F


2023/01/12

謹賀新年

新年仕事初め、緑地内を巡り歩いて議論を深めることができました。2月4日と16日のイベントについての意見交換など。

湿地の全てを草刈りする従来方針に逆らって、
今季は5m□の2箇所だけはなんとか刈り残して貰いました。
寂しい広さですが、来季はもっと広く残して、ベニマシコを呼びたい!


12月22日に、右側に写る土管に流れ込む水路の予定ルートに棒を立てました

白い花はスイセンだけ

カルガモの群れの中に1羽だけマガモが健在

最上流部堰への流れ込みは無く、水量はジリ貧状況

10m区画のマーカー44番杭、草刈り機で切られてたので、更新しました

M、Y、S、Ya、Yo、D、N、H、F

2022/12/09

20221208 湿地内保護区設定 


始まりは2℃、終わりは10℃、快晴
来週の意見交換会についての準備

去年囲った湿地内保護区のロープ柵は
埋もれていたので探索して張り直しました

カシラダカ


アオジ


矢川はカルガモだらけ、マガモ1羽

アオサギ、きょうはここで佇む

湿地の水位は11cm、最上流部堰は矢川本流オーバーフロー


木道には霜

キセキレイ

マユミ


シジュウカラ

モミジ

他の鳥と間違えた時しか撮られない可哀想なヒヨドリ

M、Y、D、N、H、F

2022/12/01

 20221201 湿地の水を抜きました 


昨日から一転して冬の寒さ、陽射しもなくて湿気寒い

12月下旬の湿地草刈りの準備で湿地の水を抜いてます

-------------------

湿地西部は底が見えてます


最上流部堰から湿地への流れ込みは止めてます


東西湿地間の中央堰は外しました


湿地Hも水溜り程度



南端部の水路にも水は流れてません


湿地を回ってきて矢川に流れ出す水は殆どありません


あっという間に紅葉が落ち葉になっていく途中です


大勢のカルガモとマガモ♂♀を確認


このアオサギはこの位置がお気に召したようです


8基設置してあるベンチの木が

腐食していることがわかったので、

これから補修の検討を始めました


動物調査固定カメラが湾処にも設置されています


北入口が改修されました


サンクチュアリの桜が倒れて破損したフェンスが改修されました


M、Y、Yo、D、N、H、F