2024/06/13

儚きカワヂシャ

ヤブカラシ、カナムグラ退治

唯一見つけて保護したカワヂシャは
完全に萎れてしまった・・・来年は駄目かな??

ひときわ大きなアメンボ、オオアメンボ?交尾中!

ツバメシジミ

キマダラセセリ

伐倒が決まったコナラの根元にオオスズメバチが集まる

カノコガ

ホタルブクロ

検索するとアオバハゴロモ幼虫と出てくるけど???

キショウブ防草シート周りは徐々に草だらけになっている

湿地水位は215mmくらい、水面には緑や茶色の藻が淀んでいる



ヤマトシジミ

ナンキンハゼ

アカメガシワ

ヒメヒオウギズイセン、ミクリ

スジグロシロチョウ

モンシロチョウ

ニホンカナヘビ、ムシヒキアブ

川面にド派手な1輪、園芸種ムギワラギクという奴かな、抜去すべきだけど

緑地境界北側の住宅にハンノキ大木が倒れて、多摩環境事務所が対応したとのこと
関連して昨日、環境公社の担当と緑地内を確認し、
大木数本を危険と判断、これから計画して予防的に伐倒することになりそう
どんどん大木が消えていく・・・

T、F

2024/06/06

オオヨシキリが鳴いてます

クワ倒木を片付け、終わらず

湿地の刈り残し域で、オオヨシキリけたたましく囀り!写真撮れず

6月1日にYaさんがカルガモ親子の写真を撮りました。
今年も雛が見られて嬉しいです。

Yoさんがシマヘビに出くわしました


Yaさんが囲いで保護したカワヂシャ、水没してたので棒にくくりつけました
それにしても茎が細長くて、到底自立出来ない??


コオニヤンマ?

キマダラセセリ

ベニシジミ

テングチョウ

ミドリシジミ、見つけられなかった

M、Y、Yo、F

2024/05/30

今度こそ「カワヂシャ」

2024年度第一回立会で、有識者のU先生、東京都環境公社、日本森林技術協会の皆さまをお迎えして、緑地内の歩きました。

ハンノキの湿地内に新たなカワヂシャ株を発見しました


矢川の中にあってカワヂシャかと思っていたのはホナガカワヂシャでした
(穂が長く、花に青線あり、茎が太い、など)


ハッカ(「セイヨウ」ではない)

ヒロハコウガイゼキショウ?、レッドリスト

アシカキ?、レッドリスト

防草シート下のキショウブは少し芽を出していたので、シート張り継続
(1年で根茎まで無くすことは難しい?シート2重張りする?)

ミクリの花が咲いた

湿地水位は23cmほど、満水状態



コゲラ、スジグロシロチョウ、カノコガ



M、Y、Ya、D、N、F

2024/05/23

クワノキが倒れた

倒木処理、幼木・実生木の抜根、など

銘菓「矢川緑地の月」(立川市羽衣町「花門」謹製)
Mさん発見・差し入れ、タイアップ商品ではないのですが、
粒餡に丸ごとの栗、美味しゅうございました

桑の木が何故か倒れていた

東入口そばの立川市公園領域、先週刈り払ったのですが、その後業者さんが片付けた
何故か、川面のミクリとか刈られて、キショウブが残っている?


キショウブ防草シート域は特に変化なし


湿地はほぼ満水を維持、水位22cmほど



カワヂシャは花が咲いて元気


モンシロチョウ、アゲハ、ヤマトシジミ



カタバミ、イボタノキ、ドクダミ



だいぶ前に移植したイヌコリヤナギが健在だったので、
目立つように紅白テープを貼っておいた

M、Y、Yo、D、N、T、F